「IT系」カテゴリーアーカイブ

IT系仕事の人それぞれな勤務形態は嬉しい

「IT系の仕事」と言いますと、「仕事量が膨大だ」ぐらいに思っている人もいるでしょう。そしてまた、「納期前になると会社に泊まり込みが当たり前だ」ぐらいのイメージを持っている人もいることでしょう。まあ、確かにそういうところを否定でいなかったりしますね。

だからこそ、子育て中のIT系の仕事経験者の女性にしても、「やっぱりまだちょっと…」とIT系の仕事への転職に不安を抱いてしまうことでしょう。また「今の技術ってどうなんだろう…。しばらくやっていないからわからないかも」なんていう知識面での不安もあることでしょう。

しかし、ハッキリ言って心配要らなかったりするのですから。なぜなら、「IT系の仕事」と言ってもその内容は実際にはさまざまだったりしますからね。ですから臆することはないのです。何だったら、IT知識がなくてもIT系の仕事のなかでもできることはありますから。もちろん、IT知識があるのに越したことはないものですけど。

まあですから要するに、IT系の会社からの求人票に「スキル不問」と書いてあったらそのまま額面通りに受け止めてしまってもいいのです。また「時短勤務OK」と書いてあったら、そのまま受け止めてもいいでしょう。

確かにIT系の仕事は納期前は忙しいですが、しかし人それぞれの役割で就労時間は異なっていたりしますので、時短勤務で契約したのでしたら、ちゃんと時短勤務にできたりしますので。IT系の会社にしばらくいたら「人それぞれ」ということにも慣れてくることでしょう。

違った業種のIT業界への転職

IT業界の技術者のスキルも専門性がどんどん高くなっていて、どの業種からの転職でなければ、即戦力として利用できないと言うレッテルを貼られる可能性があります。もちろん、同業種で高いスキルを持っておいた方がプラスになることは間違いありません。しかしながらこれだけ求められるIT業界のスキルも変化が激しい時代ですから、ある分野でそれなりのレベルを保っている人材があれば多少、業種が変わったとしても十分に対応することができると言えるでしょう。だからこそ、自分自身がどのような状態と業種で仕事をしてきたのか、どれだけのレベルにあるのかまたどれだけの期間でそのレベルに達したのかを明記しておく方が新しい転職先にとっては大きなプラスになると考えられます。

もちろん、不安になることもあるかもしれませんが、自分自身がこれまで積み重ねてきたことを、類似した業界で同じように生かすことを考える方が間違いないと考えられます。

スキルアップには人材派遣会社への登録がおすすめ

どのような職種に就いていたとしても異なる仕事をするということは戸惑うことも心配になることも多いものです。

少しでもブランクがあるようならば尚更でしょう。

新たな職場やグループとなる訳ですから人間関係の心配もあるはずです。

私は過去の経験から、そのような状況に置かれている方には人材派遣会社への登録をおすすめしています。

派遣社員とはいえ福利厚生面では人材派遣会社の正社員と同等の待遇を受けることができますし、何よりも有期契約となります(最初のうちは3ヶ月程度が多いと思います)から長期間にわたる心配をすることがなくその分気持ちに余裕が生まれます。

契約期間内にその現場に慣れていけばいいのです。

期間内にどうしても馴染めなければ次の現場を探すようにできますし。

営業担当者とのミーティング時間なども十分にいただけますので連携もでき、その時点での心配事などもその場で解決することができます。

自分一人ではないという心強さがとてもあります。

多くの現場へ出向くと様々な形態で就労なさっている技術者が居りその方々との横のつながりもできます。

勿論現場の上司となる方に気に入っていただければ正社員登用への道も開けますしフリーランスで現場へ入っている技術者も大勢いらっしゃいますのでそのノウハウを教えていただき個人事業へと進むことも可能です。

派遣社員として働くことにより企業との面接・面談の機会も増えるため、自分を売り込もうとする努力を自然にするようになり技術面とは違う部分での自身の成長にもつながるはずです。

ITスキルよりもコミュニケーション能力

IT業界の転職にあたってはITスキルはもちろん必要になります。もちろん、それもどのような分野の番組の知識があり、それだけの実績があるのかな色の経歴書、きちんと明記できるようにしなければなりません。しかしそれ以上に重要なのはコミュニケーション能力がどれだけあるかと言うことです。

実際にIT業界で技術者が仕事をするにあたっては、1人だけの力で仕事を進める事はまずできません。何よりも同じ部署や横の部署、場合に、社外の方々と連携をとりながら進めなければなりません。逆に今の時代、連携を行うことの大事さはIT業界では非常に重要になっています。

また、プロジェクトマネジメントを行うような能力に関しても技術者しか経験がない部隊においては非常に貴重な存在となります。こうしたコミニュケーション能力やプロジェクトマネジメント能力のどちらかを持ち合わせているのであれば多少ITスキルに不安があっても転職する際の大きな武器になることは間違いありません。

不安にならずに挑戦することが大事です

IT企業に務める人材の不足が問題となっているため、現在ではITの分野で多くの人材が必要とされています。そのため、初心者やあまり経験がない人でも、IT企業に務めるチャンスが多くあるのです。転職することに不安があると感じているという人でも、あまり不安になりすぎる必要はありません。ITの分野で一生懸命活躍していきたいという思いと、技術を身につけようとする姿勢があれば、きちんと働く機会はあるのです。特にITの業界では、しっかりとITの仕事に興味を持って働こうとする人材を、重宝していくことも少なくありません。新しい技術をしっかりと身につけていこうとする人材は、これからの世の中にたくさん必要とされているのです。初めから全ての技術を身につけていなくても、採用される可能性はあるため、必要以上に不安を感じる必要は全くありません。不安になることがあれば、その時間を積極的に勉強に費やしていくと良いです。そうすれば、技術を身につけられることが期待できます。

長い時間をかけてプログラミングの経験を積むと安心

高い報酬のIT関係の仕事に転職をしたい人は多いです。そのため非常に競争が激しいので自分が条件のいい企業へ転職できるか不安になってしまいがちです。もし保険関連のシステムを作る企業へ転職を望むならば難しい数学の知識を持っておくと安心です。保険関連のシステムを作ることは非常に難しいので素人では簡単にはできないです。そのため数学に強いと高い報酬を望めます。ただ、保険関連のシステムを作る会社のような高い報酬への転職をするためには本格的なプログラミングスキルをもっておく必要があります。もし自分のプログラミングスキルに不安があるならば、信用できるセミナーに通ってプログラマに必要なスキルを磨いておくといいです。IT関係の仕事で働いた経験があまりないと転職するときに心配になります。そのため、良い条件の企業へ転職できるように長い時間をかけてプログラミングの経験を積む事が大事です。高いスキルが身に付けばどんな転職先でも安心して面接をすることができます。

お気楽なご意見の例をひとつ紹介。これでは無理でしょう

以下のようなご意見をおっしゃる方はありましたが、いくらなんでも非常に簡単な仕事に限られます。データ入力のバイトなどを想定しているのでしょうか?
さずがにこの認識では、ある程度のレベル以上のプログラミング、設計などは無理でしょう。

(以下がおうかがいしたご意見)

ITの仕事にブランクがあっても全く問題はありません。タイプングが出来れば問題はありません。そもそも「IT」と言っても幅広いのでなんとも言えませんが、タイピングさえできれば、新しく入る会社で教育方針があると思いますで、そちらでブランクした知識を戻せると思います。またデータ入力に関して言えば、ただタイピングを行うだけでいいので問題はないと思いますし、その他、プログラムに関しても例え前職で知識を得たとして、新しい会社に入社を行えば使う、システムも違えば入力の仕方も違うはずです。その為、IT会社でもそのことは知っている為、最初はオフィスジョブトレーナーが付くはずですし、上司が必ず付くはずです。あので、分からないことを分からいで終わらないでしっかり仕事ができる様になるシステムがございます。また会社側からしたら、そのままブランクがある状態で要られると人罪になってしまうので、それをしっかり育ててするのが殆どの会社の取り組みだと思います。

他の人には負けない自分の得意分野のスキルを持っておくといい

IT関係の仕事に転職するときに今までと同じくらいの収入を得られるか不安になってしまいがちです。IT関係の会社はスキルを非常に重視する会社が多いです。そのため、どれくらいのスキルがあるかで月収は変化してきます。もし専門性の高い分野での仕事をしたことがあるならば転職するときに有利です。金融関連のシステムを作る企業に転職をしたいときにはセキュリティの知識をもっていれば安心です。金融関連のシステムを作る企業は顧客の大切な個人情報を扱うので非常にセキュリティを重視します。また、報酬も非常にいいので多くの人に人気のある転職先です。もし金融関連のシステムを作る企業に転職をすることに不安があるならば数学の高いスキルを持っているといいです。なぜならば、細かい数字を扱ったシステムを作ることが多いので数学に強いプログラマを欲しがっているからです。やはり報酬が高い企業に転職したいならば他の人には負けない自分の得意分野についてのスキルを持っておくと無難です。

高いスキルを持っていれば良い条件の会社に転職できる

IT関係の仕事をしている人の中で不安がある人はまずは自分のスキルが他の人と比べてどれくらいあるか考える事が大事です。あまりスキルが高くない人が高い月収を得られるIT関係の企業に転職できる可能性は低いので、自分のスキルに見合った企業を探すべきです。ただ、高いスキルを持っていないと条件のよい企業にまったく転職できないわけではないです。企業の中には、基本的なスキルがある人を育てながら優秀なエンジニアにしたいと願っている企業もあります。転職するときに良い条件の企業にどうしても就職したい人は難しい資格を取っておくといいです。また、IT関係の仕事に関する資格以外にも英語のスキルがあれば高い評価をしてもらえる可能性があります。転職してからすぐに大きいプロジェクトに関わりたい人は面接のときに過去に自分が関わった経験についてしっかりアピールすることが肝心です。転職をするときに自分の年齢を気にして不安になってしまいがちです。しかし、専門性の高い分野での経験が多くあれば、年齢が高くても良い条件で転職ができます。

IT業界への転職に備えることとは?

IT業界への転職を成功させるためには、豊富な経験と知識が必要になると思われがちです。

確かに最新の技術が求められる業界ではありますが、必ずしも経験者ではないと転職が難しいとは言い切れません。

実際に未経験の人でも、転職を果たしているからです。

しかし、この世界に見を投じるわけなので、それなりの自己研鑽は必要です。

転職後からの勉強でも通用はするのですが、やはり事前に勉強を積み重ねておくと、後々の活動にも力が入っていくものです。

IT系の知識取得には、外部セミナーの受講やIT系の専門雑誌を定期購読することで、かなりの知識を学ぶことが可能です。

最近は、インターネットでのEラーニングも可能なので、自宅学習や通勤の行き帰りの中で勉強することも可能なので、日頃からの自己学習に努めておくことで、転職の面接でも、心にゆとりを持って臨むことができます。

決して難しい業界ではないので、常に勉強する姿勢を持っておくと心配はありません。