「IT系」カテゴリーアーカイブ

IT系の転職でブランクがある場合は、職歴を活かすべき

IT系の転職においてブランクがある場合は、以下の点で不利になりがちです。
一つ目は、「すぐに仕事ができる状態ではない」。
人間の記憶というのは、時間が経つにつれて薄れて行きますが、これは仕事のスキルについても同じことがいえます。
二つ目は、「今使えるスキルを持っていない」。
IT業界というのは、日々新しい技術や手法が生まれているので、ブランクの間に自分が持っている技術が使われなくなっているということは、十分ありえます。
しかし、これらに対しては、職歴を活かすことでフォローが可能です。
まず、すぐに仕事ができる状態でないということに対しては、「自分のスキルを棚卸する」という方法が有効です。
自分のスキルを明確にすることで、得意なことなどが分かってきます。
次に、今使えるスキルを持っていないということに対しては、「情報収集する」という方法が有効です。
IT系の技術のスピードは速いですが、基礎的な部分は変わっていないことが多いので、本などで調べて今求められている物が何か分かれば、過去のスキルを応用することで意外と対応できたりします。

IT系の転職でブランクがある場合は、理由を明確にすることが大事

IT系の転職において、ブランクがあることは確かに不利になります。
しかし、明確な理由がある場合は、一概に不利だとはいえません。
ですから、まずは理由を明確にする必要があります。
よくあるのは、「別の業種に就いていた」。
この場合、新しいスキルを身に付けているという捉え方もできます。
少し前であれば、IT業界から離れているというだけでブランクと捉えられていましたが、昨今はITスキル以外に「ビジネススキル」や「考える力」なども求められるようになってきているので、他の業種での経験も評価されやすくなっています。
次によくあるのは、「家の事情や病気などで働けなかった」。
この場合は、言える範囲で説明すればよいでしょう。
採用する側としては、「その理由が、今後の仕事に影響しないか」ということを懸念するからです。
また、働いていない間も、家でサイトを作るなど勉強しているという場合は、なるべく具体的に説明したほうが、アピール材料になります。

IT系仕事は若さがあればブランクやスキル不足も何とかなる!?

IT系の仕事をするにあたって、「若さ」というのはひとつの目安になるでしょうか。IT系の仕事のブランクがあろうと、希望するジャンルへの知識に不安があろうと、まだ20代30代ならば「まあ!大丈夫でしょう!」と背中を押せる雰囲気はありますので。

ただ、40代50代、そしてそれ以降の年代だとそうはいえないでしょうね。はっきりと言ってしまうのは申し訳ないですけれど、40代50代、そしてそれ以降の年代になりますと、もうリーダー世代なわけですから。プログラムを組むのはしんどくても、設計できて現場を仕切ることを期待されて採用されたりしますからね。そこで「自信ない」とか、「仕事できない」は許されないわけですよ。

しかし、20代30代ならば「慣れるよ!平気」と言える雰囲気はありますし、それに実際20代30代ならば数年に及ぶブランクがあろうと、知識がなかろうと現場で鍛え上げられてなんとかなったりしますからね。ですから「若さ」はひとつの武器だとは思います。

実体験からもIT系仕事はブランクがあっても大丈夫!だと思う

IT系仕事は、言ってしまえば「技術職」なわけですから、多少ブランクがあっても大丈夫だと思います。そりゃあ現役から退いていたわけですし、新しい技術に慣れるまで多少なりとも時間はかかるものでしょう。

しかし一度覚えた技術はそうそう忘れないものですし、それに頭の中の引き出しがすぐには開かないとしても、「どこどこを調べればあの情報が入っている」ということは、経験からわかっていますので、なんとか対応できるわけです。

そうこうしているうちに、どんどんと現役時代並みに対応できるようになってきますので、「IT系仕事はブランクがあっても大丈夫じゃないでしょうか」と思うわけです。

実際に私は、出産子育てとまるっきりパソコンから遠ざかっていた期間がありましたけれど、しかしそれでも意外と思い出しやっていけるものなのですよね。現場に戻る際には多大な不安もあったものですが、いざ働き始めてみると意外となんでもなかったのです。ですから不安を抱えている人に対して「大丈夫でしょ」と思ってしまうというわけです。

IT系の転職の不安を解消するには

IT系の転職をする際は、辞任がこれまでやってきた経験や持っているスキルに対して、志望している企業が求めるスキルとアンマッチであることがあると思います。特にIT系では現場によって開発環境(プログラミング言語など)や設計プロセスが異なる場合が多く、転職する側からしたら、本当にやっていけるのか不安になると思います。
しかし、実際に開発の現場で必要なのは経験やスキルだけではありません。どちらかといえば、未経験の開発環境や今までと全く異なる開発プロセスであっても、それに柔軟に対応していけるかどうかが重要視されます。自分はこれしかできないと殻を作るよりも、自分から色々なことに進んで取り組んでいく姿勢が大事です。
面接の場では自分がやってきたことやスキルを正確に伝えることと、もし転職先の環境が未経験の分野であるなら、それに恐れず進んでいけるという気概をアピールすると良いと思います。企業は、即戦力になるかどうかと、今後も成長していける人材なのかを見ていますので、そういった人材であることをしっかりとアピールしましょう。

IT系の転職は女性も大丈夫です!

IT系の転職を女性で検討している場合、やはり転職は環境が大きく変わるし、リスクもあるのでけっこう躊躇するケースも多いはずです。ですが、IT系エンジニアは、スキルも持っていますし、新しい分野へと開拓するためにも転職することでスキルアップすることもできますし、お給料に反映するなど色々と環境を変化することで大きく成長することもできます。IT系の女性エンジニアも多方面にて活躍していますし、女性が働きやすいよう、最近は自宅で仕事ができるような在宅業務も増えつつあります。なので、子育てしながらIT系エンジニアとして女性も活躍できる場を設けていますし、かなり自分自身成長できるような環境を得られることになります。IT系の転職は、女性も幅広く活躍しているのでやってみたいことやチャレンジしたいことがあったらどんどん進んでいくと良いでしょう。そうすることで環境も変化し、皆が協力的に活動してくれるのでエンジニアのスキルを伸ばせます。

IT系は転職後、スキルアップできます

IT系の職種へ転職する場合、最初は自分が担当する仕事をきちんと作業することができるか、とても不安な気持ちになることもあるでしょう。ですが、IT系の仕事は入社後は、会社の方できちんと教育を受けることができたり、新たなプロジェクトへ参加する場合には、受け持った業務に関して、説明がありますし、きちんと勉強するように職場の方がアレコレアドバイスを下さるので、参考にしながら仕事を通してスキルアップすることができます。きちんと受け持った仕事をこなせるように、しっかりと技術力がつきますし、かなり充実したプロジェクトに携わることができ、大きく成長することができます。やはりIT系の職種は人気があるので、やってみたい仕事があったらどんどんチャレンジすると、新たな自分へと変化することができるので、自然とスキルアップすることができ、自分が担当する業務もかなり開拓されるようになります。初めてチャレンジすることも身につくようになります。

IT系へ転職は不安があっても大丈夫です!

IT系未経験の方でも初心者OKという職場もありますし、最初は不安な気持ちを感じるかもしれませんが、きちんと入社後にはITに関する業務など社員教育を受けることで、初心者でも安心して仕事ができるよう、色々勉強する機会を設けることができます。きちんと学ぼうとする姿勢を持っていると、職場の方や上司など認めてくれますし、最初の1ヶ月間はかなり大変に感じるかもしれませんが、しっかり技術力を身につけることができます。IT系の仕事が未経験でも技術力を身につけることができるので、スキルアップすることができます。会社の研修などしっかり受けることで技術力もアップすることができます。仕事を通してIT系のスキルを未経験でも伸ばすことができるので、転職する方も不安はあるかもしれませんが、大丈夫なのでしっかりスキルアップすることができます。転職することで新たな技術が身につくことができ、新たな扉が開くようになりますし楽しい仕事ができます。

IT系仕事の人それぞれな勤務形態は嬉しい

「IT系の仕事」と言いますと、「仕事量が膨大だ」ぐらいに思っている人もいるでしょう。そしてまた、「納期前になると会社に泊まり込みが当たり前だ」ぐらいのイメージを持っている人もいることでしょう。まあ、確かにそういうところを否定でいなかったりしますね。

だからこそ、子育て中のIT系の仕事経験者の女性にしても、「やっぱりまだちょっと…」とIT系の仕事への転職に不安を抱いてしまうことでしょう。また「今の技術ってどうなんだろう…。しばらくやっていないからわからないかも」なんていう知識面での不安もあることでしょう。

しかし、ハッキリ言って心配要らなかったりするのですから。なぜなら、「IT系の仕事」と言ってもその内容は実際にはさまざまだったりしますからね。ですから臆することはないのです。何だったら、IT知識がなくてもIT系の仕事のなかでもできることはありますから。もちろん、IT知識があるのに越したことはないものですけど。

まあですから要するに、IT系の会社からの求人票に「スキル不問」と書いてあったらそのまま額面通りに受け止めてしまってもいいのです。また「時短勤務OK」と書いてあったら、そのまま受け止めてもいいでしょう。

確かにIT系の仕事は納期前は忙しいですが、しかし人それぞれの役割で就労時間は異なっていたりしますので、時短勤務で契約したのでしたら、ちゃんと時短勤務にできたりしますので。IT系の会社にしばらくいたら「人それぞれ」ということにも慣れてくることでしょう。

違った業種のIT業界への転職

IT業界の技術者のスキルも専門性がどんどん高くなっていて、どの業種からの転職でなければ、即戦力として利用できないと言うレッテルを貼られる可能性があります。もちろん、同業種で高いスキルを持っておいた方がプラスになることは間違いありません。しかしながらこれだけ求められるIT業界のスキルも変化が激しい時代ですから、ある分野でそれなりのレベルを保っている人材があれば多少、業種が変わったとしても十分に対応することができると言えるでしょう。だからこそ、自分自身がどのような状態と業種で仕事をしてきたのか、どれだけのレベルにあるのかまたどれだけの期間でそのレベルに達したのかを明記しておく方が新しい転職先にとっては大きなプラスになると考えられます。

もちろん、不安になることもあるかもしれませんが、自分自身がこれまで積み重ねてきたことを、類似した業界で同じように生かすことを考える方が間違いないと考えられます。