「IT系」カテゴリーアーカイブ

IT業界に転職が不安な場合

IT業界への転職を検討しているけれど、経験がそれほどないので、転職が不安…と感じている方も少なくありません。こういった場合、いくつか気をつけることがあります。

まず、転職が不安な方の場合、未経験者を歓迎している募集求人に応募をすることがおすすめです。IT業界では、しっかりとした研修を行っている企業もあり、若手の人材育成を行っている企業も多いです。

こういった企業でなら、未経験でも一からスタートをする事が出来る環境が整っていますので、未経験者でも年齢が若ければ採用してもらえる可能性は十分にあります。

また、その場合、年齢が若くなければ、採用に不利になってしまうことがあります。しかし、IT業界の場合、能力があれば、中途採用でも採用をしてもらうことが出来る可能性は十分にあります。このため、独学で勉強をしてプログラムを実際に組んでみましょう。そしてそれを面接などでアピールすることで、未経験でも採用の可能性は高まります。

自分の条件を満たす転職先は必ず見つかるはず

IT系の企業で仕事をしていたけれど、その企業の仕事に必要なスキルとのミスマッチや過酷な労働条件等で嫌気がさし、転職を希望される事も少なくないでしょう。

また、一旦IT系の仕事を離れて異なる仕事に就いていたものの、やはり自分の思い描くIT系の仕事への未練が断ち切れず、再度IT系への転職を考える人も居られるでしょう。

そんな方は、自分の希望の仕事内容をしっかりと持つ事が必要です。IT系と言って、システム設計・プログラミング・HP作成等その仕事は多岐に渡ります。

また、そうしたIT系の仕事を企業に提供する会社だけでなく、一般企業内でIT関連の仕事を担当する部署で仕事を確保すると言う手もあります。

こうした一般企業内でのIT関連の仕事の担当部署なら、大掛かりなシステム導入等は、専門業者に任せる事となり、一般企業の仕事を熟知した上で、システム会社との橋渡し役を担うと言った仕事になります。

また企業内のITセキュリティー関連や社員のパソコントラブル等の対応が日常業務となるのが一般的で、IT系の専門企業よりもスキルレベルが低くても務まるのが一般的です。

上記の様に、IT系の仕事でも、自分の得意とする分野やそのスキルレベルに合った仕事は必ずあるはずで、何をしたいのかを明確にし、転職サポート会社のサポートを得る等で、自分の希望する会社や仕事に出会えるはずです。

異業種からITコンサルタントに転職するには

異業種からITコンサルタントに転職する場合、以下のような不安解消法があります。

一つ目は、「自分にしかできないことを見付ける」。

例えば、「情報システムに関するスキルを持っているが、転職先で情報システムを熟知している人があまりいない」という場合、コンサルのスキルを身に付ける前に、システム構築などを買って出るべきです。

そうすることで、周りに価値を認めてもらいやすくなります。

二つ目は、「相手との接点を見付ける」。

異業種に転職する場合、社内だけでなく、顧客との会話の内容も大きく変化することになります。

経験が少ないと間を持たせにくいですが、「以前に同じ仕事をしていた」など、何らかの接点を見付けられれば、話が弾みやすくなります。

三つ目は、「他の業種の人と交流する」。

他の業種の人と出会いやすい場の一つに、「バー」があります。

こういう所では、普段は聞けないようなことでも聞けるので、転職前から行きつけのバーを作っておくことをおすすめします。

IT系転職は個人のやる気で評価される可能性が高い

今はコンピュータを使った仕事が大きく発展している時代です。それに影響されてIT系転職も様々な場所で話題になっています。スキルを持っていることがこの業界では大事になります。しかし近年ではスキルが低くてもIT系転職で成功している人がいます。

IT業界では求められる人材というものが決まっています。以前は高度なスキルを持っている人材が重要だと考えられていました。しかし今ではスキルよりもユニークな発想ややる気がある人間が大事です。

これはIT業界で変化を求めている実態にも関係しています。この業界は常に進化しているので昔の考え方では駄目になっています。そこを狙ってIT系転職をするとやる気を評価される可能性があります。

実際にIT系の企業でやる気が認められると転職しやすいです。ここには企業からの期待もあるので裏切らないことが大事です。またIT系転職では会社側に今後を期待させることも必要です。

こうした裏側の部分をチェックしていれば、スキルに関係なくIT系転職で成功できる可能性があります。

IT系の転職でブランクがある場合は、職歴を活かすべき

IT系の転職においてブランクがある場合は、以下の点で不利になりがちです。
一つ目は、「すぐに仕事ができる状態ではない」。
人間の記憶というのは、時間が経つにつれて薄れて行きますが、これは仕事のスキルについても同じことがいえます。
二つ目は、「今使えるスキルを持っていない」。
IT業界というのは、日々新しい技術や手法が生まれているので、ブランクの間に自分が持っている技術が使われなくなっているということは、十分ありえます。
しかし、これらに対しては、職歴を活かすことでフォローが可能です。
まず、すぐに仕事ができる状態でないということに対しては、「自分のスキルを棚卸する」という方法が有効です。
自分のスキルを明確にすることで、得意なことなどが分かってきます。
次に、今使えるスキルを持っていないということに対しては、「情報収集する」という方法が有効です。
IT系の技術のスピードは速いですが、基礎的な部分は変わっていないことが多いので、本などで調べて今求められている物が何か分かれば、過去のスキルを応用することで意外と対応できたりします。

IT系の転職でブランクがある場合は、理由を明確にすることが大事

IT系の転職において、ブランクがあることは確かに不利になります。
しかし、明確な理由がある場合は、一概に不利だとはいえません。
ですから、まずは理由を明確にする必要があります。
よくあるのは、「別の業種に就いていた」。
この場合、新しいスキルを身に付けているという捉え方もできます。
少し前であれば、IT業界から離れているというだけでブランクと捉えられていましたが、昨今はITスキル以外に「ビジネススキル」や「考える力」なども求められるようになってきているので、他の業種での経験も評価されやすくなっています。
次によくあるのは、「家の事情や病気などで働けなかった」。
この場合は、言える範囲で説明すればよいでしょう。
採用する側としては、「その理由が、今後の仕事に影響しないか」ということを懸念するからです。
また、働いていない間も、家でサイトを作るなど勉強しているという場合は、なるべく具体的に説明したほうが、アピール材料になります。

IT系仕事は若さがあればブランクやスキル不足も何とかなる!?

IT系の仕事をするにあたって、「若さ」というのはひとつの目安になるでしょうか。IT系の仕事のブランクがあろうと、希望するジャンルへの知識に不安があろうと、まだ20代30代ならば「まあ!大丈夫でしょう!」と背中を押せる雰囲気はありますので。

ただ、40代50代、そしてそれ以降の年代だとそうはいえないでしょうね。はっきりと言ってしまうのは申し訳ないですけれど、40代50代、そしてそれ以降の年代になりますと、もうリーダー世代なわけですから。プログラムを組むのはしんどくても、設計できて現場を仕切ることを期待されて採用されたりしますからね。そこで「自信ない」とか、「仕事できない」は許されないわけですよ。

しかし、20代30代ならば「慣れるよ!平気」と言える雰囲気はありますし、それに実際20代30代ならば数年に及ぶブランクがあろうと、知識がなかろうと現場で鍛え上げられてなんとかなったりしますからね。ですから「若さ」はひとつの武器だとは思います。

実体験からもIT系仕事はブランクがあっても大丈夫!だと思う

IT系仕事は、言ってしまえば「技術職」なわけですから、多少ブランクがあっても大丈夫だと思います。そりゃあ現役から退いていたわけですし、新しい技術に慣れるまで多少なりとも時間はかかるものでしょう。

しかし一度覚えた技術はそうそう忘れないものですし、それに頭の中の引き出しがすぐには開かないとしても、「どこどこを調べればあの情報が入っている」ということは、経験からわかっていますので、なんとか対応できるわけです。

そうこうしているうちに、どんどんと現役時代並みに対応できるようになってきますので、「IT系仕事はブランクがあっても大丈夫じゃないでしょうか」と思うわけです。

実際に私は、出産子育てとまるっきりパソコンから遠ざかっていた期間がありましたけれど、しかしそれでも意外と思い出しやっていけるものなのですよね。現場に戻る際には多大な不安もあったものですが、いざ働き始めてみると意外となんでもなかったのです。ですから不安を抱えている人に対して「大丈夫でしょ」と思ってしまうというわけです。

IT系の転職の不安を解消するには

IT系の転職をする際は、辞任がこれまでやってきた経験や持っているスキルに対して、志望している企業が求めるスキルとアンマッチであることがあると思います。特にIT系では現場によって開発環境(プログラミング言語など)や設計プロセスが異なる場合が多く、転職する側からしたら、本当にやっていけるのか不安になると思います。
しかし、実際に開発の現場で必要なのは経験やスキルだけではありません。どちらかといえば、未経験の開発環境や今までと全く異なる開発プロセスであっても、それに柔軟に対応していけるかどうかが重要視されます。自分はこれしかできないと殻を作るよりも、自分から色々なことに進んで取り組んでいく姿勢が大事です。
面接の場では自分がやってきたことやスキルを正確に伝えることと、もし転職先の環境が未経験の分野であるなら、それに恐れず進んでいけるという気概をアピールすると良いと思います。企業は、即戦力になるかどうかと、今後も成長していける人材なのかを見ていますので、そういった人材であることをしっかりとアピールしましょう。

IT系の転職は女性も大丈夫です!

IT系の転職を女性で検討している場合、やはり転職は環境が大きく変わるし、リスクもあるのでけっこう躊躇するケースも多いはずです。ですが、IT系エンジニアは、スキルも持っていますし、新しい分野へと開拓するためにも転職することでスキルアップすることもできますし、お給料に反映するなど色々と環境を変化することで大きく成長することもできます。IT系の女性エンジニアも多方面にて活躍していますし、女性が働きやすいよう、最近は自宅で仕事ができるような在宅業務も増えつつあります。なので、子育てしながらIT系エンジニアとして女性も活躍できる場を設けていますし、かなり自分自身成長できるような環境を得られることになります。IT系の転職は、女性も幅広く活躍しているのでやってみたいことやチャレンジしたいことがあったらどんどん進んでいくと良いでしょう。そうすることで環境も変化し、皆が協力的に活動してくれるのでエンジニアのスキルを伸ばせます。