代表者 のすべての投稿

就職するなら人間関係が良いところがいいのか

就職活動や転職活動では、経営方針や事業内容を把握した次に人間関係が気になるものです。人間関係が良いに越したことはないと思いますが、必ずしもそれがいいわけではありません。会社は仕事をするための場所ですから、周りの輪に溶け込もうとばかり考えていては仕事が手に付きません。社会人としての挨拶や礼儀、マナーは最低限ですが、労いや感謝の言葉を伝えましょう。ここで大事なのは必ず相手の目を見る事です。それだけで貴方の信頼感は上がりますし、何より貴方自身が仕事をしやすくなります。新しい職場は始めが肝心です。職場の人間関係がよくないものだとしても、これらを守っていれば問題ありません。人間関係が良いものでも悪いものでも自分が人間関係を作り上げていくものです。周りに左右されない気持ちを持つことが何より大事です。そういった気持ちで人間関係を育むと、仕事の取り組みも早く集中できますし、周りによい影響を与えることとなります。

未経験の分野へと転職。下調べが人より先を行く

転職活動するも、未経験の分野は不安が拭いきれません。途中で挫折しそうになることがあるかもしれませんが、未経験ですから分からない事があって当然です。それを理解してもらえる企業に入職できたら幸せですが、そうでない場合も多いでしょう。ですが、転職する前の下調べで同期より一歩、二歩先を歩けます。技術的な事は教わらないと勿論分かりませんが、貴方が入職する企業をSNS上で下調べすることはできます。会社全体をたくさん調べた方がいいのでしょうが、それ程相手には伝わらなかったり、自分自身も吸収できたことが把握できません。そこで、狭く深い範囲の調べ方をすると、会社側は「よくそんなこと知ってるね」とたくさん調べたと思ってくれます。企業理念や事業の方針を全て覚えようすると何となくしか理解できないものです。そんな時はキャッチコピーを暗記するように心がけると、面接などで使えますし、何より自分の価値観と近い答えを見つけ出すことができます。

ママは10年越えのブランクでも転職成功!?

「転職するまでのブランク」と一口に言いましても、いくつかに分かれると言えるでしょう。ですからそのうちのひとつ「出産・育児により、職歴に空白がある場合」を取り上げて言います。

ハッキリ言って、出産および育児による職歴のブランクは、気にしなくってもいいでしょう。そう、言ってしまえるほどに、出産および育児による職歴のブランクがある人なんて多いというものですから。

「社会人経験がある」ということは、それだけ武器になりますから。10年越えのブランクがあっても、仕事のスキルはやや頼りないものとなったとしても、ビジネスマナーに関しては、早々忘れたりはしないものですからね。

そして会社にとっても、ビジネスマナーをイチから教えなくてもいいということは、メリットが大きいものですから。それに、職歴のブランクについても「出産および育児」は臆することなく言える理由なわけですからね。

ですから出産・育児後の転職については、何ら不安を感じることなんてないでしょう。積極性を持って転職活動に臨んでいいと思いますので。

 

美容師に戻りたいけどブランクがあって不安

出産、育児が落ちた着いたので美容師に復帰したいと思っても、気付けば3年もブランクが開いていると不安です。でも、美容師は好きな気持ちが一番大切です。その気持ちがあれば、大丈夫。ブランクがあっても美容師時代にしてきた技術と接客を思い出してください。普段から丁寧な言葉使いを心がけ、復帰をしても、人の話をきちんと聞くことがお客様を安心させます。はじめはカットに時間がかかってしまうかもしれませんが、それくらいの方がいいです。スタッフには理解してもらえるようにコミュニケーションを取りましょう。3年前の自分に急いで戻そうとすると、技術、接客のどちらかでミスをしやすいので、まずは落ち着いて、お客様の要望に応えることを優先しましょう。予定の時間を回ってしまったとしても、一人ひとりのお客様に安心感を残してお見送りしましょう。それが貴方の安心感へと繋がり、自信に変わります。徐々に昔の自分を取り戻せるようになります。