異業種からITコンサルタントに転職するには

異業種からITコンサルタントに転職する場合、以下のような不安解消法があります。

一つ目は、「自分にしかできないことを見付ける」。

例えば、「情報システムに関するスキルを持っているが、転職先で情報システムを熟知している人があまりいない」という場合、コンサルのスキルを身に付ける前に、システム構築などを買って出るべきです。

そうすることで、周りに価値を認めてもらいやすくなります。

二つ目は、「相手との接点を見付ける」。

異業種に転職する場合、社内だけでなく、顧客との会話の内容も大きく変化することになります。

経験が少ないと間を持たせにくいですが、「以前に同じ仕事をしていた」など、何らかの接点を見付けられれば、話が弾みやすくなります。

三つ目は、「他の業種の人と交流する」。

他の業種の人と出会いやすい場の一つに、「バー」があります。

こういう所では、普段は聞けないようなことでも聞けるので、転職前から行きつけのバーを作っておくことをおすすめします。