IT系の転職でブランクがある場合は、職歴を活かすべき

IT系の転職においてブランクがある場合は、以下の点で不利になりがちです。
一つ目は、「すぐに仕事ができる状態ではない」。
人間の記憶というのは、時間が経つにつれて薄れて行きますが、これは仕事のスキルについても同じことがいえます。
二つ目は、「今使えるスキルを持っていない」。
IT業界というのは、日々新しい技術や手法が生まれているので、ブランクの間に自分が持っている技術が使われなくなっているということは、十分ありえます。
しかし、これらに対しては、職歴を活かすことでフォローが可能です。
まず、すぐに仕事ができる状態でないということに対しては、「自分のスキルを棚卸する」という方法が有効です。
自分のスキルを明確にすることで、得意なことなどが分かってきます。
次に、今使えるスキルを持っていないということに対しては、「情報収集する」という方法が有効です。
IT系の技術のスピードは速いですが、基礎的な部分は変わっていないことが多いので、本などで調べて今求められている物が何か分かれば、過去のスキルを応用することで意外と対応できたりします。