IT系の転職の不安を解消するには

IT系の転職をする際は、辞任がこれまでやってきた経験や持っているスキルに対して、志望している企業が求めるスキルとアンマッチであることがあると思います。特にIT系では現場によって開発環境(プログラミング言語など)や設計プロセスが異なる場合が多く、転職する側からしたら、本当にやっていけるのか不安になると思います。
しかし、実際に開発の現場で必要なのは経験やスキルだけではありません。どちらかといえば、未経験の開発環境や今までと全く異なる開発プロセスであっても、それに柔軟に対応していけるかどうかが重要視されます。自分はこれしかできないと殻を作るよりも、自分から色々なことに進んで取り組んでいく姿勢が大事です。
面接の場では自分がやってきたことやスキルを正確に伝えることと、もし転職先の環境が未経験の分野であるなら、それに恐れず進んでいけるという気概をアピールすると良いと思います。企業は、即戦力になるかどうかと、今後も成長していける人材なのかを見ていますので、そういった人材であることをしっかりとアピールしましょう。