違った業種のIT業界への転職

IT業界の技術者のスキルも専門性がどんどん高くなっていて、どの業種からの転職でなければ、即戦力として利用できないと言うレッテルを貼られる可能性があります。もちろん、同業種で高いスキルを持っておいた方がプラスになることは間違いありません。しかしながらこれだけ求められるIT業界のスキルも変化が激しい時代ですから、ある分野でそれなりのレベルを保っている人材があれば多少、業種が変わったとしても十分に対応することができると言えるでしょう。だからこそ、自分自身がどのような状態と業種で仕事をしてきたのか、どれだけのレベルにあるのかまたどれだけの期間でそのレベルに達したのかを明記しておく方が新しい転職先にとっては大きなプラスになると考えられます。

もちろん、不安になることもあるかもしれませんが、自分自身がこれまで積み重ねてきたことを、類似した業界で同じように生かすことを考える方が間違いないと考えられます。